成功談

彼との間のもやもやがはっきり自分を出すことで変りました

彼氏にはっきり言えば、もやもやが解消されます!

30代既婚女性です。
子供はおらず主人と二人で暮らしています。仕事はフルタイムで小売メーカーの営業事務をしています。

ケンカしてもはっきりと言わないもやもや

20代の中頃に付き合っていた彼との話です。

友人の紹介で付き合い始め、最初のうちはもちろん仲が良く、いつでも会いたい、少しでも会いたいという気持ちで、毎日連絡を取っていました。

そんなラブラブ期間も時間がたつうちに薄れてきて、連絡や会う頻度が少しずつ減ってきました。

もちろん、仲が悪くなったわけではなく、恋の盛り上がりも落ち着いてきて、それぞれの時間も大切にした結果でした。

それでも、週に1度くらいは会ったり連絡を取ったりしていましたが、些細なことで喧嘩になることもよくありました。

本当に些細すぎて、本人達ですらなんで喧嘩になったかわからないほどのことです。

ちょっとした言葉の端に悪意が見えたとか、しっかり約束していたわけではないけれど会おうと話していた日に別の約束を入れてしまったとか、どちらが悪いというわけでは無いようなことです。

私たちの喧嘩は、喧嘩といっても言い合いをするほどではなく、「こんなことがあって少し嫌な気持ちになった。」というはっきりしているんだかいないんだか分からないような事をどちらかが言えば、相手が「そっちもこんなことをしていたじゃないか。」と反論して余計に空気が悪くなるタイプの喧嘩です。

ものすごい言い合いにはならないので、お互い、もやっとしたまま解散し、そのまま連絡が途絶えるという感じです。

結局、少し時間がたってからどちらかが連絡をするのですが、私としては相手から謝ってこないことに腹を立てていました。

そんなよくあるながれの後、久しぶりに会ったとき、「全然連絡してくれないよね。」と言ってみたところ、「それはお互い様でしょ。」と言われました。

その時に、連絡をくれないと思って、もやもやしている期間、多少なりとも相手も同じ気持ちでいるのだな、と思いました。

そんなことだったら、連絡をしないという意地を張らないで、自分のタイミングで事を進めればいいんじゃないかと思いつき、その後は喧嘩の後は気持ちが落ち着くまでは友達と過ごしたりして、気分が変わったら気軽に彼に連絡していました。

付き合っていることでの負担が軽減したからか、一緒にいる時間もそうでない時間も楽に過ごせるようになりました。

自分の気持ちをはっきりと伝えることが大事

なぜかそれから彼氏だけにかかわらず、友人を誘ったりするのも気軽にできるようになりました。

相手の出方を考えすぎると疲れてしまうので、ある程度こちらから意思表示した方が、自分も相手も楽なんじゃないかと思います。

ダメだったら断ってくれればいいですし。

こちらも気軽に声をかけているので断られるのもそれほど苦にならないのです。

私と彼は、大きな喧嘩はあまりしませんでしたが、毎日気持ちがもやもやして、一緒にいるときも楽しめないようなら、言いたいことははっきりといった方がいいと思います。

いつまでも嫌な気持ちでいると楽しめることが少なくなってしまうので、相手の負担にならない程度に、気持ちは小出しにする方が長続きします。

関連記事

  1. メッセンジャーのうまい使い方が彼との距離を急速に縮めた 友人の結婚式で出会った気の合う男性と結婚、上手く行ったコツとは
PAGE TOP